豆腐サラダ

男性の作る料理はどうしても野菜が不足しがち。できればサラダなど野菜料理も自作して、栄養バランスに配慮した献立を考えてみましょう。食べやすくアレンジも容易な豆腐サラダのレシピをご紹介します。残り物の野菜だけでも十分に調理可能なので、いま手もとにある食材を上手に活用してみましょう。

■材料

絹ごし豆腐…1丁
トマト…1個
キュウリ…1本
貝割れ菜…半パック
ワカメ…適量をお好みで
ドレッシング…市販のものを適量
白胡麻…適量をお好みで
おろし生姜…適量をお好みで
ラー油…適量をお好みで

■作り方

①豆腐は1センチ角に切って(もしくは手でちぎり)、野菜も全て食べやすい大きさに切ってください。トマトは種を取り除き、果肉だけを利用します(中心部分は捨ててください)。海藻を入れる場合は、乾燥したものを水で戻しておきます。

②お皿に豆腐と野菜をバランスよく盛りつけ、ドレッシングを絡めて完成です。お好みでおろした生姜や白胡麻、鰹節、「食べるラー油」などをトッピングしてお召し上がください。

■美味しく作るコツ

野菜はお好みのものを入れてください。豆腐サラダには大根やオクラ、レタス、ホウレンソウ、ネギ、しそなどもよく合います。ベーコン、チーズ、シーチキンなどをトッピングするのも良いでしょう。ドレッシングは和風、青じそ、もしくは胡麻がおすすめ。ポン酢でも美味しく食べられます。豆腐はそのままでも利用できますが、キッチンペーパーに包み電子レンジで2~3分程度温めると、余計な水分を飛ばすことができます。

チーズ焼きそば

手軽に作れて様々なアレンジが楽しめるメニューとしては焼きそばがおすすめ。基本的には具材と麺を炒めて、あとはトッピングをするだけなので、アイデア次第で色々な味を楽しむことができます。オリジナルの焼きそば作りに挑戦してみましょう。今回はチーズを絡めて食べるチーズ焼きそばのレシピをご紹介します。

■材料

焼きそば用麺…3~4玉
チーズ…適量(スライス、もしくは粉チーズ)
シーフードミックス…適量
キャベツ…4分の1玉
ニンジン…3分の1本
もやし…適量
塩、コショウ…適量
ソース…80グラム程度(ピザソースでもOK)
青海苔…適量
マヨネーズ…適量
鰹節…適量

■作り方

①野菜は全て食べやすい大きさに切って、水気をよく切っておきます。火を通す前に電子レンジで温めると良いでしょう。シーフードミックスは解凍してザルにあげておきます。

②フライパンで野菜、シーフードミックスを炒め、塩コショウで軽く下味をつけたら一度取り出してください。

③麺を炒めて、全体に火が通ったら具材を戻し入れ、ソースを加えて絡めるようにして焼いてください。

④麺にソースが馴染んだらチーズを加え、チーズが溶けたところでお皿に盛ります。お好みで青海苔、マヨネーズ、鰹節などをトッピングしてお召し上がりください。

■美味しく作る方法

具材やトッピングはお好みのものを。シーフードの代わりに肉類を入れるのもおすすめです。目玉焼きなどもよく合います。ソースが味の決め手になりますから、和洋を問わず様々なものを試してみると良いでしょう。強火でさっと炒めて水気を飛ばし、ソースをしっかり絡めるのが美味しく作るポイントです。

キムチチャーハン

男料理で重宝する食材の一つにキムチが挙げられます。炒め物にプラスするだけで美味しく食べられるので、手軽にアレンジを加えたい場合には特におすすめ。野菜や肉にもよく合います。ただし、炒めるとかなり塩辛くなるため、塩加減には注意が必要です。今回は簡単で美味しいキムチチャーハンのレシピを見てみましょう。

■材料

キムチ…100グラム程度
豚肉…100グラム程度(ベーコンでもOK)
卵…1個~2個
野菜…ネギ、ニラ、ピーマンなど
塩、コショウ…少々
ゴマ油…少々
白米…適量

■作り方

①豚肉、野菜を食べやすい大きさに切ってください。卵は溶いておきます。

②フライパンにゴマ油を引き、豚肉、野菜を炒めます。

③卵と白米を加え、絡めるようにして焼いていきます。

④最後にキムチを加えて、塩コショウで味を調えて完成です。

■美味しく作るコツ

野菜は残り物でOK。白米も冷や飯で問題ありません。炊いて準備する場合は、少し水の量を少なくして、硬めに作るようにしてください。卵を白米に絡めることでパラパラとした「お店の味」に近づけることができるので、「卵かけご飯」を炒めてチャーハンにする方法もおすすめ。冷や飯を利用する場合は電子レンジで温めると、余分な水分が飛び火が通りやすくなります。キムチは製品によって味の濃さ、風味が異なるので、最後に塩コショウで味をしっかり調えることが大切です。お好みでウスターソース、醤油などを加えても良いでしょう。辛くなり過ぎた場合は白米を増量するなどすると良いでしょう。